心の悩み 家族や対人関係の心理相談
室長 野口洋一
Staff!

スタッフのプロフィール

■ 室長 野口洋一

■ 公認心理師 精神保健福祉士 1961年生

■ あさくさばしファミリーカウンセリングルーム室長 (台東区・浅草橋)

 

● 早稲田大学、明治学院大学卒業。

    心理学、精神保健学、ソーシャルワーク等を学ぶ。

 

● 栃木県立岡本台病院、大石クリニックに精神科ソーシャルワーカーとして

    勤務し、主に嗜癖関連問題、家族関係 問題に取り組む。

 

● 1998年4月、あさくさばしファミリーカウンセリングルームを開設、主宰。

  引きこもりや摂食障害など思春期問題、 うつや育児不安など成人のメンタルヘルスなど

    幅広い分野でカウンセリング、スーパーヴィジョンを行っている。

  現在、虐待被害のある成人のメンタルヘルス問題を扱うことが多い。

 

● プライべートプラクティスの他、都立精神保健福祉センターにてアルコール関連問題・思春期問題

    助言者、教育プログラム講師、東京都江戸川区、 太田区、豊島区、練馬区、目黒区, 杉並区など各

  区保健センターにて虐待困難事例検討会助言者、新生児訪問事業事例検討会助言者、

  思春期問題助言者、母子保健事業における心理相談にも出務する。

 

● また、HCMカウンセリングセミナー(基本コース・上級コース)、

   「児童虐待防止 支援者のための講座」にて、講師を務めている。

 

● 共著書に『家族の心理 変わる家族のあたらしいかたち』 (金剛出版、第8章執筆)がある。

■ 心理カウンセリング 野口 澄子

■ 公認心理師 精神保健福祉士

■ 個別カウンセリング、カップルカウンセリング、グループセッション、

      スーパーバイズを担当

 

● 2020.03.31 東京医科歯科大学精神科を退職し、

       04,01より当相談室の常勤カウンセラーとなる。

   ・尚、同大学病院では、精神科病棟、外来相談、周産期メンタルヘルス、

          精神科リエゾンコンサルテーションに従事してきた。

 

● 主な活動実績

  ・聴覚障害者のアルコール依存症に関する事例報告.第3回聴覚障害者精神保健研究会.東京.

   1994

  ・アルコールデイケアの試みについて.第9回ASW協会全国研究大会.千葉.1994

  ・竹内崇、武藤仁志、松岡裕美、村上一德、野口澄子、有川淑恵.周産期医療との協働.精神医学

   第60巻:6号:ページ603-609, 2018

 

● 著書(共著)「私たちからのメッセージ 絶望から希望へ

         シンナー依存症からの回復(家族の物語)」 横浜ダルク出版.1994

 

● 他に東京都江戸川区保健所(なぎさ健康サポートセンター、小松川健康ポートセンター、中央健康

  サポートセンター)にて育児ストレス相談事業、困難事例相談事業等を受託している

Consulting Doctor!

顧問医師

■ 加藤雄司   精神科医師 医学博士

〒111-0053   台東区浅草橋1-3-15-803

TEL 03 (3862)1180 FAX 03(3862)1292

Copyright © 1998  Asakusabashi  Family  Counsering  Room  All Rights Reserved